ビールの写真

タミフルを服用すると熱が簡単に下がるのはなぜ

インフルエンザが流行すると、必ずある薬剤が活躍するようになります。
メディアで注目される、タミフルです。
確かに指摘されているような副作用や問題は拭いきれたとはいえないものの、インフルエンザに対する効果は非常に強く有効であることに間違いはありません。
今回はその薬効の機序と、インフルエンザの症状である高熱を下げる仕組みについて整理しましょう。
タミフルはオセルタミビルという一般名で、毎年流行の中心となるA型とB型のインフルエンザに対して処方されます。
インフルエンザが進む理由は、そのウイルスが増殖するからに他なりません。
ウイルスが増殖するにはそれが体内の細胞に入ったあと別の細胞にウイルスをばら撒く必要があります。
そのウイルスが細胞から遊離するプロセスにはノイラミニダーゼという酵素が活躍し、その機能によりまた別の細胞に感染(自己複製)していくのです。
タミフルはそのノイラミニダーゼを阻害するお薬です。
ですのでタミフルを処方するとインフルエンザウイルスは自分を増殖させる機能を失うため、その体内での作用が消失し症状が治まっていきます。
ではなぜタミフルを飲むとインフルエンザによる熱が下がるのでしょうか?
簡単に言うとタミフルがウイルスの増殖を抑えるため、自分をウイルスから守る仕組み(免疫システム)が作動しなくていいようになるからです。
ウイルスが体内に入ると免疫細胞(白血球やマクロファージ)がウイルスを食べます。
その免疫細胞が出す指令(サイトカイン)が脳に伝わる形に変化(プロスタグランジンの産生)し、脳に情報が伝わります。
脳は免疫細胞をより働かせるために、体内の熱を上げてウイルスに抵抗するように仕向けます。
それを繰り返すと自然に体内には高熱が生じていきます。
ただウイルス自体が少なければ免疫細胞は多く機能しなくてもよいので、熱を生み出さなくても良い(即ち高熱にならない)ということになります。
■流行に備えよう
インフルエンザ 流行